ジュエリー作家

grace × SCULPTUS(スカルプタス)

graceでは、世界でたったひとつのジュエリーをテーマにジュエリー作家の作品を展示販売しています。

沖縄に工房を構える「SCULPTUS(スタルプタス)」は、2011年に沖縄で創られたブランドです。
身につけるアート” をコンセプトに、彫刻とジュエリーの融合を目指し、彫刻の造形美と、ジュエリーの装身具としての携帯性の融合で、日常的に観賞できるアートとして楽しむことが出来るジュエリーを目指し制作しています。
ジュエリーを外し、さりげなく置いたときもまたそのものの佇まいを賞でるような、日々に溶け込む“身につけるアート”をお楽しみください。

こちらのページでは、丹精込めて制作された見ているだけでも楽しい作品たちとその作品が生み出される工房をご紹介します。

SCULPTUS(スタルプタス)

工房探索
商品を詳しく見る >>






工房探索


ジュエリー工房 ジュエリー工具







デザイナー集団

SCULPTUS

(スタルプタス)

西表 由洋と三浦 健司の二人が沖縄で立ち上げたデザイナー集団。
共にカザリスクール オブ ジュエリーでジュエリーの制作技術を学び、2011年、“身につけるスカルプチュア(彫刻)”をコンセプトにブランド「SCULPTUS」を立ち上げる。

2014年2月、東京代々木体育館にて行われた国際合同展rooms28に初出展。
2014年・2015年に東京麻布十番の中心にあるパレットギャラリーにて3人展を開催。

“身につけるアート” をコンセプトに彫刻とジュエリーの融合を目指し、それぞれが持つ枠に囚われない独自の感性で、ユニセックスでコンテンポラリーなジュエリーを沖縄発信で展開している。

西表 由洋(Iriomote Yoshihiro) 西表 由洋(Iriomote Yoshihiro)1982年 沖縄県生まれ
豊見城南高校から英国Bosworth Tutorial Collegeに留学。その後オーストラリアに渡り語学の修練を積む。
それと同時にBridge Business Collegeにてコンピューター技術さらにTAFE Lidcombe Collegeにてデザインの基礎TAFE Design Centre Enmoreにおいてジュエリーのデザインと技術を学ぶ。
多方面のデザイナーとの共同展示会や作品展に参加。
6年余にわたる海外での留学の後、帰国。生まれ故郷、沖縄に拠点をし統滋海樹氏の工房に参加。

三浦 健司(Miura Kenji) 三浦 健司(Miura Kenji)1980年 神奈川県生まれ
神奈川県の湘南の海で育ち、海に囲まれた沖縄で青年期を過ごす。
沖縄の文化に触れ伝統芸能ブラジルのカポエラ等で各地のイベントに参加。シルバージュエリーの勉強のためカザリスクール オブ ジュエリーに入学。デザインや技術の研鑽を積みながらジュエリーだけで はなくジャンルにとらわれない物づくりの世界にも関心を持ち色々な分野の人とのコラボなどを試みている。

topへ